ユルーくお話しする会です

子どもが不登校になったら、それは不幸なことでしょうか。 私たちは、そう思いません。 不登校は、生まれてきた目的を考える第一歩になるからです。 学校という、太い大きなレールが無くなって、自分を自分でみつめながら前に進んでい くことは、けして楽なことではありません。

私たちは、こどものために何かしてあげるのではなく、親自身が自分を大切にする事 が、お子さんの気持ちに繋がると考えています。

学校に行けない子供たちの原因はそれぞれ違います。 大人も子供も、自分を信じる事がお互いを支え合える軸になることだと考えます。 ゆきわりの会は、支え合ってそれぞれの思いを語り合える場になればと思っています。